試験当日の受験票・筆記用具・その他持ち物

宅建士試験当日持っていく必須持ち物は以下のものです。必ず前日寝るまでに用意しておきましょう。

試験当日必須準備アイテム

  • 受験票
  • えんぴつ又はシャープペン」と「消しゴム
  • 時計(主に腕時計)

受験票は必須中の必須です!忘れても筆記用具のように現地調達はできません。鞄などの絶対に入れたこと忘れないような箇所に入れて持っていくのがいいでしょう。自宅から出発するときもしっかり入っているか再確認すること!

えんぴつ又はシャーペンはスペアで2,3本用意していたほうがいいでしょう。不測の事態で1本使えなくなることもあるかもしれませんし。

また、時計(腕時計)は音が鳴らないものであまり大きくないものがいいでしょう。宅建試験会場は大学の狭い机の可能性もあり、スペース的に邪魔にならない大きさがいいです。

さらに試験会場までの地図など(スマホで事足りそうですが)も準備しておきましょう。

 

次に宅建士試験当日に持っていったほうがいい持ち物は以下のものです。必要に応じて準備しましょう。

試験当日重要アイテム

  • テキスト・過去問集
  • ハンカチ又はポケットティッシュ
  • 錠剤や目薬」  など

テキスト等の教材を持っていくのは最小限にしましょう。また、必要以上に電車内や試験会場で詰め込むのではなく、チラッと見て宅建試験脳に切り替えるために使うのが良いと思います。必死に本番直前に知識を詰め込もうとするのは逆効果なことが多いです。

また、お腹が弱い人やドライアイの人は下痢止めや目薬が必要だったりするでしょう。当日の午前中、自宅のトイレでしっかり用をたしておくことも大切かもしれません。

その他、気持ちを高めるための音楽プレーヤーや、栄養ドリンク、お守りなど、人それぞれ必要なものもあると思います。試験本番の数日前までに他に持っていく物をしっかり考えておきましょう!

当日の重要な心構え

ページ上部へ戻る