宅建士って何?

宅建とは略称で、正式名称は「宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)」といいます。この「宅地建物取引士」になるために必要なのが宅建試験です。「宅地建物取引士」は「宅地建物取引業者」で働く従業員です。区別しにくい言葉がでてきましたので、以降、次のように略して解説します。

  • 宅地建物取引士」=「宅建士
  • 「宅地建物取引業者」=「宅建業者」

「宅建業者」とは、「宅地建物取引業者」の文字通り、宅地(土地)や建物の取引を業務として行う者です。つまり、不動産売買、賃貸をする不動産会社です。 「宅建業者」は、事務所ごとに従業員5人に1人以上の割合で、「宅建士」を設置しなければなりません。

重要事項の説明

「宅建業者」は、高額な取引を行うため、「宅建士」を置き、お客様に事前に知っておいて欲しいこと(=重要事項)を説明する義務があります。この重要事項の説明をするのが宅建士」です。重要事項の説明にはどんなものがあるでしょうか?

  1. 不動産の所在
  2. 法律で制限されたものか(不動産に条件がついているかどうか)?
  3. 電気、ガス、水道設備について  など.

他にもたくさんありますが、どれをとっても、重要なことばかりです。 例をあげると、

  1. 不動産の所在を間違えて、他の建物だと思い込んでいた場合
  2. 法律の制限(建築基準法)があり、家が建てられなかった場合
  3. 住居を建てようと思ったのに、水道管が配置されていなかった場合

これらの場合、お客様は思わぬ損害を被ることになるのです。 ですから、「宅建士」は、「宅建業者」の従業員でありながらも、お客様の立場にたって、お客様が注意しなければならない重要事項を説明する、中立的な存在であるともいえます。

宅地建物取引士証

このように「宅建士」は、不動産取引に関する知識、経験を有する専門家としての役割が期待されています。そこで、「宅建士」は、この重要事項を説明する際、「宅地建物取引士証」(旧:取引主任者証)をお客様に見せながら行う義務があります。「宅地建物取引士証」を、専門家の証として提示することで、お客様は安心して不動産の取引ができます。

「宅建士」は、「宅地建物取引士証」を見せずに重要事項の説明をしただけで、10万円以下の過料に処せられます。法律では「宅建士」は重要事項の説明をするときは、積極的に「提示」しなければならないと定められています。お客様に求められなくても、必ず「宅地建物取引士証」を見せて説明しなければならないのです。

宅建士試験とはどんな試験?


ちょっと過去問

取引主任者は、法律35条の規定による重要事項説明を行うにあたり、相手方から請求があった場合にのみ取引主任者証を提示すればよい。(平成23年、問28問)
ページ上部へ戻る